さて休みです。
 数日前からいじっている古ノート(Satellite pro 440CDX)ですが、とりあえずいらないソフトのアンインストールや設定変更をして、通常動作はかなりきびきび動くところまで来ました。

 このページを見に来る人ならやっぱり、
「はたして、クロスゲートは動くのか?」
 ということになるよね。試してみましょう。

クロスゲート本編&龍の砂時計(PUK1)の必須環境
OS:Windows95/98/98SE/Me/2000/XP(※1)
CPU:Pentium II MMX-233MHz以上(推奨:Celeron-400Mhz以上)
○メモリ:128MB以上
○サウンドカード:DirectX7.0a以上に対応したサウンドカード
○ビデオカード:DirectX7.0a以上に対応したビデオメモリ4MB以上のビデオカード (推奨:DirectX7.0a以上に対応したビデオメモリ8MB以上のビデオカード)

この環境に、楽園の卵(PUK2)から
グラフィックカード:DirectX8.0a以上に対応したVRAM4MB以上のグラフィックカード

 が加わります。

 パワーアップ後の440CDXのスペックは、
OS: Windows98 SE
CPU:Intel MMX Pentium 133MHz
Mem:48MB
ビデオ:VRAM2MB

 まあ、OS以外全滅ね。とりあえずインストールから。

 PUK2からスペックが多少上がるので、まずは本編&龍の砂時計をインストールして様子を見ることに。大体、ビデオカードがDirectX8に対応してるか怪しいし。

 CD-ROMが遅いのか、本編&龍の砂時計をインストールするのに1時間も時間がかかる。そのあと公式から起動プログラムのパッチをインストール→起動後のアップデートにまた30分くらい。昼寝しながらじっくりと。

 さて起動。オプションはもちろん「描画1」。「アップデートして起動」ボタンをクリックしてから、エニックスのロゴが出たところでスキップして、CD-KEYの入力画面に行くまで実に3分18秒。強烈。だわ。
 そしてキャラ選択画面に行こうとすると、
「正常にインストールがされていません」
 とメッセージが。うーん、一度PUK3まで当ててしまったアカウントは、それより若い番号のPUKしかインストールしてない状態じゃ起動できないのか。

 仕方なく、PUK2とPUK3をインストール。これまた40分くらい時間がかかる。ウィルスソフトを常駐させていない状態でこれだもの。これが終了して、アップデートファイルをインストールするのにまた30分。わたしの休日はなんなんだろう。

 さてもう一度起動。今度は「描画1」「BGM無し」で起動。同じように「アップデートして起動」ボタンをクリックしてから、CD-KEYの入力画面に行くまではやっぱり3分。
 でも、起動するよ。ログインできるよ。
コーラルイセエビポイント
(C)2001,2002,2003
ponsbic/ZENER WORKS/DWANGO/SQUARE ENIX
All Rights Reserved.
 早速ローレルでログインしてうろうろと。ログインできたので設定を「カーソルスムーズ」「走査線非同期」に変更。この変更だけで、少しだけ動作が軽くなる。
 しかしすごい。1歩あるくごとにHDDがかりかりかりかり言ってるよ。これは単純にメモリ不足の症状だな。表示も遅いので、コマ送りで。
 このまま記憶を使ってファンブルグ→ザンクのギルドまで。1サバの募集エリアにも。落ちない。とりあえず動作するよ。少し感動。

 ただ少し不具合があって、ノートPCの設定で「マウスポインタの軌跡を表示」にしていると、カーソルの軌跡がおかしくなる。これは表示しないにすれば問題なし。
 Win98なので2赤同時起動はしてないのだけど、CPUはぜんぜん平気そうだ。描画1ならグラフィックカードもVRAM2MBでも何とかなりそう。ちなみに現在DirectXのバージョンは8.0。aがついてなくても動作はするのか。
 ただ問題はメモリだね。いくら古いスペックで動くとはいえ、128MB位はないと動作しているとはいえないかも。狩猟放置に入ってしまえば何とかなってるんだけど、HDDカリカリカリカリ言いっ放しじゃあちょっとねえ。